どこまで下がる?!メキシコペソ!!

2018年11月24日(土曜日)

こんにちは、コックさんです。

昨日に続きさらにメキシコペソ下落しています・・・

先週の利上げは何だったのでしょうか。

ごらんの通り、証拠金維持率244%、相当ヤバい状況です。

終わりの見えないキャラバン問題が、ペソ安にさらに追い打ちをかけているようです。

移民に対してメキシコ国内の市民の反移民感情は高まっているようで、デモが起きているようです。

それにもかかわらず、メキシコ政府は移民に仕事を紹介するなどの対応をしているので、まさに政府と国民の意識が正反対のようです。

新大統領就任の前にして、すでに国民の反政府意識が高まりつつあるのは、大変いただけませんね。

良いニュースも入ってきています。

以前からアメリカがメキシコに課していた鉄鋼・アルミニウムの関税が撤廃される模様です。メキシコは鉱業が主要な産業です。

その鉄鋼・アルミニウムへの関税が撤廃されるということは、メキシコの経済にとってプラスにつながるはずです。

このまま証拠金維持率が200%を切るようなら損切もやむなしというところです。明日は今日よりも良い状況を願い、今日の報告を終わります。

日時 総スワップ 総建玉評価損益 純資産額 証拠金維持率
平成30年11月19日
13時07分
57850円 -323760円 793040円 243.59%
通貨ペア 建玉評価損益 収計スワップ 約定評価損益 合計
MXN/JPY

140 Lot

-322970円 56308円 -266662円 -266662円
TRY/JPY

1 Lot

-770円 1542円 772円 772円