オブラドール大統領頑張っているのに・・・!メキシコペソ下落!!

2018年12月9日(日曜日)





こんにちは、コックさんです。

昨夜は本当に・・・完膚なきまでにメキシコペソにやられましたね。

月曜日の上昇をあざ笑うかのような、すさまじい下がり具合です。

しかし、メキシコに決して悪いニュースがあったわけではありません。

むしろ、就任したばかりのオブラドール大統領はよく頑張っています。

公約の要の一つである汚職撲滅についてはさっそく着手しているようで、

過去の未解決事件である43人の失踪事件について、

調査委員会を設置する命令書に署名をしたそうです。

これは2014年に起こった事件らしいのですが、43人も失踪したのに、

これまで調査委員会がなかったというのは・・・

メキシコというのは、犯罪の対応については日本とは

ずいぶん考え方が異なるのでしょうか。

そのようなずさんな体制を、オブラドール大統領が立て直そうとしているわけですね。

オブラドール大統領は、貧困にあえぐ国民がいる中で、大統領専用機に乗って移動をすることが贅沢だとして、大統領専用機を売却する考えを、就任式のときから示していました。

今日は、民間機のエコノミークラスの座席に乗って移動をしていたそうです。

ただ、この大統領専用機、売却をしても、元値の半額以下になる見込みだそうで、

結局メキシコとしては大損になるのではないかという見方もあるそうなのですが、

私はオブラドール大統領のこの慎ましい姿勢は素晴らしいと考えます。

汚職撲滅、経済改革、どちらの公約もに対しても、大統領就任直後から

やる気満々といった様子ですね。

 

しかし、メキシコペソの価値はがたっとさがってしまいました。

新空港建設の中止問題がずいぶん影響しているようで、まだまだ

オブラドール政権に対する市場の信頼は薄いようですね。

私のような素人からすると、オブラドール大統領はけっこう

信頼できる方のような気がするのですが。

先月の最低のラインまで戻ってしまいました。

若干上がってきつつあるようですが、市場が安心するような

ネタがないと、大きな上昇は期待できそうにありませんね。

トルコリラもメキシコペソ以上に激しく下がっているようです。

実は、月曜日にメキシコペソが上がったときに、トルコリラを買い増ししてしまい、その直後に大きく下がって、現在、多額の含み損を抱えています。

「もう2度とトルコリラに手を出すか、バカヤロー!」と叫びたくなる思いです。

これで、トルコリラに打ちのめされるのは何度目でしょうか・・・

オブラドール大統領は中銀の独立性も約束している方なので、いつ中銀が

屈するともわからないトルコとはえらい違いですね。

このままメキシコペソの上昇がみられないと、次の政策金利も上げてくれるのでは

ないかとも思っています。

日時 総スワップ 総建玉評価損益 純資産額 証拠金維持率
平成30年12月6
5時32分
80590円 -335010円 808493円 234.08%
通貨ペア 建玉評価損益 収計スワップ 約定評価損益 合計
MXN/JPY

148 Lot

-324530円 80098円 -244432円 -244432円
TRY/JPY

2 Lot

-10500円 492円 -10008円 -10008円

損切りがなかなかできないのが、私の弱いところのなのです・・・

次からはもっと計画的に買っていこうと思っています。

金曜日の消費者物価指数の発表は、要チェックです。

この結果で大きく動く可能性もアリアリですよ!

私はもうこの日が終わるまでは一切トレードなしで静観をしようと

思っています。




 

こちらのぶせな氏のサイトは、FXを勉強するうえで、

とても参考になるサイトです。

ぶせな氏の著書もFX関連の名著ですよ。

アマゾンはこちら


最強のFX 1分足スキャルピング

楽天はこちら

最強のFX1分足スキャルピング/ぶせな【1000円以上送料無料】