スワップ改善か?!メキシコペソに光あれ!!




こんにちは、コックさんです。

今週もスタートしましたね。

今日は成人の日で祝日ですが、為替市場は動いております。

さて、今朝チェックして、待ち望んでいたことがようやく現実になりました。

みんなのFX様、ありがとうございます。スワップポイントがメキシコペソ1LOT/14円に

挙がっていました。

もちろん、以前の16円には及びませんが、今後、上がってくると確信しております。

先週まで業界最高のスワップポイントを誇っていたセントラル短資は、

15円のままだったのですが、ライバルのみんなのFX様がスワップを上げたのだから、

対抗してさらに高くしてくれるのでは・・・などと欲を出してしまいますね!

さて、アメリカでは相変わらず政府機関閉鎖が続いています。

今朝のニュースで、この政府機関閉鎖についてアメリカ国民の意識調査を行った結果が

報道されていました。

大半の国民がトランプ大統領に責任があると考えているということです。

それに対してもトランプ大統領は自分の非を認めず、

メキシコの国境の壁の建築は大統領選挙からの公約であり、それを認めない方がおかしいと

自分の正当性を主張しています。

考えてみれば、たしかにトランプ大統領は以前から一貫したことを主張してはいますね。

選挙のときから、他にもいろいろなことを言っていましたが、

公約実現のために行動しているといえば、それは間違いないですね。

国民が選挙でトランプ大統領を選んだのに、いまさらそれを止めようとするのは、

トランプ大統領としては、裏切られた思いになるかもしれないし、受け入れがいことかもしれませんね。

しかし、私なら国民の大半が反対していることを、押し通そうという気にはならないのですが、

それは日本人の考え方なのでしょうか。

ともかく、相対する民主党側も、国民の後押しを得て、ますますトランプ大統領にを

攻撃してくることでしょうね。


政府機関閉鎖が続いているせいで、政府の職員に給料が支払われなかったりしているようです。

さらに、公共事業も滞っているようです。

国立公園の清掃スタッフがいなくなり、国立公園がゴミだらけになっているという

ニュースもありました。

やはり、政府機関の閉鎖が続くことで、アメリカ国内にどんどんそのしわ寄せがきているようですね。

一刻も早く、閉鎖を解除して、正常な状態に戻してほしいものですね。

さて、メキシコペソですが、先週はとてもよい調子でした。

今朝も、横ばいスタートですが、夕方にかけて上がってくる可能性も高いと考えています。

今のうちにしっかりメキシコペソを買っておかないと、上がりきってしまい、

買い時を逃してしまうかもしれませんね。

みなさん、思い立ったときが、行動するべき時かもしれませんよ!