トランプ再び非常事態宣言ほのめかす!大丈夫、ありえません!!

こんにちは、コックさんです。

トランプ大統領が国境の壁の予算が認められないことで民主党と

対立していた件ですが、少しだけ改善したと思っていたんです。



だって、国のトップですから、みんなのことを考えないといけませんから、

いくら国境の壁が重要だからって、不法移民問題は国家を揺るがす

重大なことだからって、政府機関を閉鎖することで公務員の給料がもらえなくなるというのは

ひどすぎるでしょう!80万人の公務員が1か月無給という事態になるなど、

よくまかり通ったものです。

興味深いニュースがあります。

国立公園の管理をするのは公務員なので、そちらが管理されなくなったことで、

野生動物が好き勝手に入り込んできたそうです。

こちらの記事では、野生のアザラシが国立公園のビーチを占拠してしまったことが

報道されています。

ゾウアザラシの群れ、カリフォルニアのビーチを占拠 政府機関閉鎖の影響で

こんなアザラシの群れがビーチにいたら、普通の人は近づけないですよね。


それから、こちらの記事では、今回の政府機関閉鎖による経済的な損害は

30億ドルにものぼると報道されています。

米政府機関閉鎖に伴う経済的影響、30億ドルの見通し-議会予算局

国境の壁の予算案としてトランプ大統領は約57憶ドルを求めていましたが、

その半分もの金額が今回の騒動での損害になったことになります。

公務員の働きがなかったわけですから、様々な面で困った人がいたでしょうね・・・

トランプ大統領がさすがに譲歩して政府機関の閉鎖が解除されたわけですが、

国境の壁の建設はあきらめる気はまったくなさそうです。

今回も、国境の壁が認められないのなら非常事態宣言をすることをほのめかしています。

すると、これをめぐって再び政府機関閉鎖・・・なんてことになったら、

アメリカ経済はさらに大混乱に陥ると、こちらの記事でまとめられています。

米政府機関の再閉鎖、経済への影響より深刻に=ムーディーズ




これらは全てアメリカ国内のゴタゴタですが、

アメリカの通貨であるドルは世界の基軸通貨です。

当然、価値が暴落すれば我々投資家にとっては大ダメージをくらうことに

なってしまいます。

今回の民主党との対立で、ねじれ国会となってしまった現在では

トランプ大統領の思いはもはやかなうわけはないことは分かっているはず。

国境の壁の建設はあきらめて、民主党との協調路線を目指していく方が

よっぽど建設的であると思います。

とはいえ、再び政府機関閉鎖がされる可能性が絶対にないとは

言い切れないので、十分に警戒をしていきましょう。